わどるDAILY

あなたは999999999999人目のビジターです!

ウィリー降り壁抜けのやり方

関連記事:YouTubeにあげた動画2つ


2:12付近で壁抜けをしています。

一昔前にひっそりと発見され、ひっそりと公開されたウィリー降り壁抜け。
成功条件が不明なまま放置されていたため、自身の考察を含めた壁抜けの方法をここで説明します。

1.バイクを降りた時の位置

壁を抜ける直前、つまりバイクを降りた直後の位置ですが、
カービィが壁にギリギリめり込むよう調整します。

この調整をするにはX座標のメモリを監視をします。
カービィが壁にめり込んだ時の座標は24n-1(nは整数)になります。
この値から少しでもズレると壁を抜けることは不可能です。
降りた時の座標はウィリーライダー時のウィリーの座標と同じなので、
1P,2P共にX座標を監視するとやりやすいです。

また、座標の関係上で角のある地形でのみ壁抜けができます。

【参考】X座標メモリアドレス

1P: s00A02(2x)
2P: s00896(2x)

2.バイクに乗る時の位置


合体前のウィリーに対するカービィのX座標です。
この時、カービィがウィリーより右にいるか左にいるかによって、
降りた時の挙動が微妙に変わります。
壁が右側にある場合は、右側から乗った時のみ壁抜け可能となります。
(左側から乗ると降りた時点で壁から押し出されます)


左側から乗った場合の失敗例

ちなみに、乗った時のX座標がウィリーと完全に同じだった場合、
カービィが直前まで左右どちらに移動していたかによって変化します。

3.降りた直後のカービィのX速度

ここからは話がちょっと複雑になります。

まず視覚的な壁抜けの条件ですが、「1.バイクを降りた時の位置」の通り、
降りた直後にカービィのX座標が24n-1になったのち、
次のフレームでカービィが5ドット以上移動する、つまり、
X座標が24n+4になるよう動けば壁抜け成功です。

SDXでは、1ドット=256サブピクセルに設定されていて、
カービィが1Fで移動する距離は「(X速度 / 256)ドット」となります。
バイクから降りた時にカービィが出せる最大速度は
「ホイールのダッシュ時に乗った後」の1264ですが、
これを1Fの移動距離に当てはめると、「4ドット + 240サブピクセル」になります。
ここで、カービィのXサブピクセルを監視します。

例えばカービィのX座標が239、サブピクセルが0の場合は、
先ほどの「4ドット + 240サブピクセル」を足すと、
「X座標243 + 240サブピクル」になります。
この値だと、上記で示した条件の「X座標24n+4」を満たさないので
壁を抜けることができません。

しかして、X座標が239、サブピクセルが96だった場合は、
これまた「4ドット + 240サブピクセル」を足すと、
「X座標244 + 80サブピクセル」となり、「X座標24n+4」を満たすので、
めでたく壁抜け成功となります。

このように、ウィリー降り壁抜けにはサブピクセルの監視が必須となります。
TAS制作の際にも普段からサブピクセルを眺めていた方がいいでしょう。
また、カービィはバイクに乗ってから降りた直後までサブピクセルが固定されるので、
乗る直前のサブピクセルさえ見れば心配いりません。

降りた直後のカービィのX速度は乗る直前と同じであるため、
バイクに乗った瞬間に降りた時に5ドット移動できるかが分かります。
5ドット=1280サブピクセルなので、
( 乗る直前のX速度 + 乗る直前のXサブピクセル ) ≧ 1280
がウィリー降り壁抜けの必要条件になります。

ちなみに、カービィのX速度は1025以上あれば条件を満たしますが、
ウィリーに降りた時に1025以上を出せる能力はホイールだけです。

【参考】カービィのX速度とXサブピクセルのメモリアドレス

X速度: s016BF(2s)
Xサブピクセル: s00A7D(2x)

4.壁抜けの方向

動画では右に向かって壁抜けをしていますが、
1〜3の条件を全て満たしても、左向きに抜けることはできません。
原因は分かりませんが、壁密着時のX座標が関係しているかもしれません。

まとめ

上記をまとめた結果、ウィリー降り壁抜けの条件は次のようになります。

  1. 壁が右側にある(壁が左を向いている)
  2. バイクに乗る直前にウィリーの右側にいる
  3. バイクに乗った時のカービィのX速度とXサブピクセルの合計が1280以上
  4. バイクを降りた時のカービィのX座標が24n-1である

やや厳しい条件かもしれませんが、コピー制限と手間を除けば割と自由なので、
TAS動画においても活用される場面が多くなると思います。
また、この文章だけだと分かりづらいかもしれないので、
近いうちに見やすい動画を作ろうと思います。
みんなもレッツ壁抜け!